2017.06
05
07


123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震

Sat

本当は、色々と書きたいけれど、

マスターは少年時代、仙台市内に住んでおり、
お父様の転勤で一家で名古屋に引っ越しましたが、
とても素敵な町だったので、現在もお家があり休みがあれば仙台へ行くほど。

友人知人もいます。
幸い、連絡も取れ元気との事。

しかし、TV報道でもあるように沢山の方々の安否が分からない。

家が、町が、崩壊

そこで、ajaraも何か出来ないか・・・
と、思ってた時に友人よりメールが。


『東北の地震と津波で被災された方に送ります
 ご協力頂ける方は、ご連絡下さい。


※羽島市このゆびとまれさんからおくります。

※17日朝に羽島市の友人宅から発送します。(第一段は発送済みで、今回第二段です)


・紙おむつ
・おしりふきウエットティッシュ
・固形石鹸
・新品タオル
・生理用品


タオルは第二段17日で一旦終了します


直接このゆびとまれさんに送っていただいても大丈夫です

お問い合わせ
5016273
羽島市小熊町2の365
アジア太平洋子ども救済センターこの指とまれ
です

今回送る団体は、羽島市のNGOアジア太平洋子ども救済センターさんです

過去に支援の実績もあり
確実に現地に物資を運べるルートをもって活動されています
直接問い合わせたいので電話番号がしりたいとの問い合わせもありましたが
団体さんの電話は現地やスタッフ間連絡なとでパンク状態です
一般のお問い合わせは受け付けかねます


本日の中日新聞の24ページに載っているのでお手持ちの方はご確認いただけたら幸いです

もしも本当に届くのか疑心暗鬼であったり不安な方は無理に送るのではなくそのほかの支援を行うことももちろんいいと思います

今だけでなく
長い期間くるしい状況が続くとおもいます
17日までは新品タオルも受け付けています

今後継続的に必要な物は
紙おむつ
生理用ナプキン
おしりふき
固形石鹸です

現在第一便が向かっており
水曜日に羽島市にもどるようです

その時には現地で何が必要かさらに生の情報もはいると思います

よろしくおねがいいたします
同じお母さんとして
現地の方の力に少しでもなれたらとおもいます』


その他にも必要な品は沢山ありますが、
今回は赤ちゃん・幼児向けの必要物資の支援です。
上記以外で支援したい場合は他にも活動しているNPOがあります。

一人の力では小さいかもしれないけど、
一個からでもajaraに持って来ていただければ大きな沢山の物資になります。

お力になって頂ける方はご持参下さい。
(今回第2回便ではajaraは現金は扱いません。現金を支援したい方は違う方法でお願いいたします。)
スポンサーサイト

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://ajaragihu.blog25.fc2.com/tb.php/32-33f4c765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。